© 2016 by アメリカ仕込みのミニマリスト. Proudly created with Wix.com

「海外ではそうかもしれないけど」とか言う人間は視野が狭すぎ

9/3/2016

どーも、職場でのストレスが溜まり過ぎて転職検討中のりんりんです。

そのせいで、ただでさえ長い睡眠時間が更に伸びてしまってる今日この頃。

 

まぁストレスの原因は色々あるけど、一番は間違いなく『価値観の強要』。もぉーーーーーーーー有り得ない位うっとおしい。このくだらないやり取りに付き合わされる時間もエネルギーも本当にムダ!価値観を押し付けてくる人って、本気でみんなが同じ考え方だとでも思い込んでんの?

 

こういうタイプって学生の頃から少なからずいたけどさ、正直会社に入ってまで他人の価値観にズケズケ口出しする人がここまで多いとは思わなかったわ。しかも、ほとんどが仕事に関係ない事って・・・・意味不明にも程がある。

 

「私が仕事以外でどういう価値観を持ってようと、お前に関係ないわっ。余計な口出しすんな!」って叫びそう。

 

流石に言わないよ(笑) まぁ、スルーしたりもしないけどね。確かに上手く受け流せば、その時はムダな労力を消耗しないで済む。でも、こういう奴らって一回かわしても、また別の事でゴチャゴチャ言ってくるんだよ。その度に、相手するなんて冗談キツいわ。

 

だから私は「○○さんがそういう価値観なのは分かりました。そして私の価値観はあなたのとは違います。ですが、私は自分の価値観を変える気はないので、説得するの止めて下さい。もし変えたいと思ったら、必要だと判断した時に自分のタイミングで変えますので。」的なことを言うようにしてる。

 

ただ、こう言っても1回で理解する人、4~5回でやっと理解する人、永遠に理解しない人がいる。早めに理解する人は、自分とはほぼ真逆の私の価値観に興味を持ってイロイロ聞いてくるようになったりする。でも、永遠に理解しない人は、相変わらず自分の価値観が絶対だと信じて、私にその良さを分からせようと必死に説得し続ける。

 

本当に迷惑!価値観なんて人それぞれ違うのが当たり前なんだよっ!それを自分に合わせろとか、どんだけ傲慢なの?

 

更に、このタイプのタチの悪い所が、私が海外に住んでた事を『自分の価値観を正当化する理由』として無理やりこじ付けようとする事。どんだけ必死なの?と思って、呆れ果てる。

 

 

 

例えば、『結婚相手に求める条件』の話題になった時(※実際は敬語でした)

 

Aさん:「りんりんは結婚相手に求める事とかある?」

 

りんりん:「相手の考えを尊重できて、自分の事は自分でできる人。」

 

Aさん:「尊重はわかるけど、自分の事は自分で・・・って、具体的にどういう事?」

 

りんりん:「経済的に自立してて、最低限度の家事ができるって事だよ。」

 

Aさん:「そんな完璧な人いないでしょ?(笑) てか、自分で家事できるなら結婚する必要ないじゃん。」

 

りんりん:「確かに割合的には少ないかもしれないけど、私は結婚相手の母親になりたい訳じゃないからね。てか、自分の世話もできないような人と結婚したくないってだけだよ?」

 

Aさん:「そりゃ海外では家事してくれる男性が普通かもしれないけど、日本で結婚したいならもう少し妥協しないと厳しいよ。私なら好きな人の為なら家事くらいするよ?」

 

りんりん:「いやいや、家事に国とか関係ないし。別に、Aさんが家事できない人と結婚するの否定してないよ?ただ、私にはそういう人との結婚が考えられないだけ。」

 

Aさん:「えー、それって多分アメリカに住んでる間にレディーファーストが当たり前になっちゃったからだよ!優しい男が普通になったんでしょ?もっと理想下げた方がいいよ!」

 

りんりん:「レディーファーストと家事は関係ないし。アメリカ行く前から、てか子供の頃から、こういう考えだから。」

 

Aさん:「うーん、関係ないかもしれないけど・・・家事できる男の方がレアだし、それくらい我慢したら?」

 

りんりん:「うん、だからさー、Aさんが我慢したいならすればいいだけの話で。なんでそんな必死に説得しようとしてるの?」

 

Aさん:「いやぁ、だって日本ではそれが普通じゃない?女が家事するのが、そんなにダメ?そういうの分かってた方がいいと思うよ。」

 

りんりん:「今、普通かどうかって関係ないよね。もし心配してくれてるなら有難いけど、これが私の考えだから。」

 

Aさん:「ふーーーーーーん。」

 

 

 

もうね、会話が成り立たないから話してて疲れる。しかも、『その価値観は海外でしか通用しない』みたいな的外れな事ばっか。そして、『でも自分は○○だよ』的なこと言われても、だから何?それが日本で普通だから何?って感じだし。

 

『価値観を強要する人』って、ただ自分が正しいと証明したいが為に、そういう言葉を使って他人の価値観が間違ってると思わせようとしてるだけ。もっと中身のある内容なら聞くけど、『普通』って個人の価値観を語るときに全く関係ないし。

 

あと、海外でしか受け入れられない価値観でも、その人にとって意味のあるものならガンガン取り入れればいい訳で。ただ考え方が、日本的じゃないってだけで否定するとか何様なの?

 

しかも、自分が知らないだけで、その非日本的な考えをしてる人は結構いたりする。でも、自分の考えだけが正しいと思ってるから、全然それに気づいてない。要は視野が激しく狭いんだ。

 

別に全ての価値観に共感したりしなくていい、せめて自分と他人の価値観が違うという事を受け止められる人が増えれば、少しは窮屈さが解消されると思うんだけどなぁ。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています、ポチッとしてもらえると喜びます。

 

 

Please reload

Please reload

最新記事:
Please reload

タグから探す: