© 2016 by アメリカ仕込みのミニマリスト. Proudly created with Wix.com

せっかくの旅行が台無し!? 旅行相手に向いてない人の特徴3つ

8/22/2016

 

どーも、猛暑のため仕事以外は完全引きこもり中のりんりんです。

夏にわざわざ外でBBQする人の神経が理解できないくらい暑さに耐性がなくて、夏バテが毎年の恒例行事になっております。

さて、そんな夏嫌いの私が先月のデジタルデトックス (▶詳しくはこの記事) 期間中に3日間フルで大阪観光をしたのさ♪まぁ、たまたま九州在住の友達がその時期に遊びに来ただけなんだけどね。

 

おかげでネット生活は底辺レベルだったんだけど、実生活はとても充実してた(*´ω`*)

でも4年大阪に住んでるとはいえ、方向音痴&休みは大体ヒキコモリングな私にとって、人を案内するのって・・・・

すっっっっごい大変な事なわけ!(←まぁ気の向くままな単独行動が多いのも理由だけどさ)
 

しかも暑いと基本的に機能停止するから(笑) 夏のお誘いは断るんだけど、この時は久しぶりに夏をアウトドア?で楽しく過ごせて驚いた。てか、自分も県外から来た人みたいに大阪観光してたっていう(←もっと外出ろよ自分)

そこで気付いたのが、旅行が楽しめるかどうかって、一緒に行く相手次第なんじゃないの?って事。


もちろん行き先・予算・天気・体調とかも旅行の満足度を決める大事な要素だけど、いくら他が完璧でも旅行相手がダメだと全部が台無しになる。いや、本当これマジで。

旅行相手って、結婚相手(or ルームメイト)と同じくらい気を付けて選ばないとダメ!!

 

さぁ、よーーーーーーーく考えてみて。何故ものすごくエネルギーを使う『離婚 』という行為を3割もの夫婦が選択するのか?その原因がDV・借金・不倫だったらまだ理解できる。でも『性格の不一致』という一見そこまで重くなさそうな理由で離婚する人も多い。

 

何でかって??それは、価値観や性格が合わない人と一緒に過ごす事は果てしない苦痛だから。実際に、私もルームメイトと考えが合わずにストレスMAXになって引越したこと何回かあるよ(笑)

 

 

だから今回は、短期間だけど他人とどっぷり時間共有する旅行で失敗しない為に『旅行を台無しにする人の特徴』3つを紹介するよ。3つ全てに当てはまる人との旅行は、中止をおすすめします(笑)

 

1. 時間的感覚/金銭感覚が合わない人

2. 基本的に他人任せの人

3. 完璧主義な人

 

※この特徴は、相手が同性でも異性でも外国人でも関係ないから参考にしてみてね!

 

 

1. 時間的感覚/金銭感覚が合わない人

 

一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、価値観が合わないとお互いにしんどくなってくる。ただ、別に全ての価値観が同じじゃないとダメな訳ではない。例えば、自分が目玉焼きには醤油派なのに相手はソース派なんだけど、どうしよう・・・とか考えなくていいから(笑)

 

合わないと辛いのは生活の基本になる価値観、『時間』と『お金 』。この2つの感覚が合わない人と旅行すると、最悪お互いにストレスが溜まって険悪ムードになることも。その理由は、時間とお金は限りがあるけど、お互いが納得できる使い方 (= 妥協ポイント) を見つけるのは至難の業だから!

 

では、自分と価値観の合わない相手とヨーロッパ旅行をした時にどうなるかシミュレーションしてきまーす♪

 

時間的感覚が合わない場合:

例えば、自分はゆったり気ままに街歩きがしたいけど、相手はできるだけ多くの観光スポットを巡りたいケース。この場合、行く観光スポットの数が増えれば自分がゆっくりできなくて、数が減れば相手が不完全燃焼で不満になる。

 

なんか沖縄人と大阪人が一緒に旅行すると、こういう状況になりそうだけど(笑) まぁケンカにまで発展する事はないだろうけど、ゆったり過ごしたい人と忙しく動き回りたい人の差が大きいほど、お互いに妥協してもどちらも満足しにくい旅行になる。

 

『いくら社畜上司が残業を減らしてやってるつもりでも、定時までにキッチリ仕事終わらせて帰りたい成果主義部下にとっては残業することがそもそも納得できないから、お互いに不満が溜まるばかり。そして逆もまた然り。』という状態と同じこと。

 

金銭感覚が合わない場合:

例えば、自分はせっかくだから少し高くても雰囲気と料理のいい店に行きたい、でも相手はいくら海外でも余計な出費は抑えたいケース。本当は安くて美味しいお店を見つけられたらベストなんだけど、なかなか日本みたいに『低価格かつ高品質 』を提供してくれる国ばかりじゃない。

 

だから料理の質はある程度その値段に比例する。そうなると、自分は値段がちょっと高くても(夕食1人¥3,000くらい)美味しいモノを食べれる方を選びたい。でも相手からすると一回のご飯に\1,000以上使うなんてありえない。逆に相手に合わせて値段重視でお店を選ぶと、当然ハズレに当たって満足できない。

 

食事だけじゃなく、ホテルの質・美術館等への入場料・現地での交通費とかも金銭感覚が合わないとトラブルになりやすい。別にどっちが悪い訳でもなく、体験重視な人もいれば価格重視な人もいるってだけ。ただ、そこら辺の価値観を他人に合わせるのは結構大変なのは間違いない。

 

 

2. 基本的に他人任せの人

価値観が合わないのは誰も悪くないから、まだ仕方ないと思える。でも、性格に問題がある場合は別の話。特に一番タチ悪いのが『基本的に他人任せ』なタイプ!

 

具体的にどういう人が『他人任せ』かって言うと、文句や要求は言うけど自分で何も調べたり予定立てたりしない人。普段だと、グループでご飯行く時に「何でもいいよ~」とか言ってたくせに後でゴチャゴチャ文句つけて、挙句の果てには他人に自分好みのお店とかを探させるような人ね。

 

ハッキリ言うと『自分を姫(王子)か何かだと思ってる勘違い人間 』ね。

 

あと同じ他人任せタイプにも2種類あって、周りに甘やかされて無意識に他人任せになってしまった人、そして自覚はあるけど面倒くさいから何もできないフリをする人。まぁ自覚あるなしに関係なく、このタイプとの旅行は結局自分だけ疲れて終わる

 

なんでかって?このタイプは、基本なんでも人がやってくれるのが当たり前だと思ってるから。だから、他人が夕食のお店を予約してくれたから、自分はそこまでの行き方を調べようとかいう考えすら浮かばない。

 

間違ってこの『他人任せ』タイプと旅行に行くと、その間ずっと自分はベビーシッターのような気分になる。さらに甘やかされてる種類の方は、実際に何かを頼んでもどうしていいか分からない、いわゆる本当に何もできない人が多い。地図も読めなければ、調べものも下手、英語も話せなければ、ご飯の予約すらまともに出来ない。

 

実際、「大学生でもここまで自分で何もできない人いるんだぁ」っと思うほどの人もいた。正直こっちはツアコンじゃないし、子どもじゃないんだから何かしら自分で動こうよ?って感じだったなぁ。

 

なので、この『他人任せ』タイプは要注意!あなたが世話係になる必要は1ミリもない。

 

 

3. 完璧主義な人

ミスが許されない仕事の時にすごく頼りになる完璧主義者。でも、実は旅行相手には向かないって知ってた?

 

理由はすごく単純で、旅行で全てが自分の理想通りに行くなんて有り得ないから。特に海外では、言葉も通じなければ習慣もまったく違う。そんな環境下で少しでも何かが自分の思い通りにいかなかった位で、いちいちストレス感じたり情緒不安定になられたら正直やってらんない。

 

確かに見知らぬ土地では治安の問題もあるから、目的地までの交通手段とか行き方は事前にちゃんと調べた方がいい。でも、そこで分単位のスケジュール組むような人はアウト!だって、その計画がうまくいかないとイライラするんでしょ?いやぁ無理だわ(笑) 何、仕事しに来たの?って感じ。

 

あと、こういう人って計画の変更とかありえないタイプだから、フラフラしてて見つけた面白そうなお店やイベントに割く時間なんて作ってくれない。『計画』通りに事前に決めた場所に行くのが優先だから。

 

これは実体験なんだけど・・・3泊4日旅行の2日目、その日は朝早くから行動してた。そして、16:00頃に「今日ちょっと疲れたから、一回ホテル戻って休憩してから夕食行かない?」って私が言った。そして返ってきた言葉が「え~、予定に入ってた美術館まだ1軒あるよ。頑張って、そこだけ行かない?」。

 

もうね、意味不明にも程があるよね?頑張るって、何を?疲れるために旅行に来たんじゃないでしょ?って!!!!!!

 

でも、その時気付いた。こういう人達にとっては、スケジュール通りに過ごす事が旅行なんだろうな・・・って。真面目過ぎるっていうか、疲れるために旅行してるっていうか?

 

ただ1つ言えるのは、旅行を楽しみたいなら完璧主義者じゃない人と行くのがオススメ♪

 

 

まとめ

だいぶ長くなったけど、どれだけ旅行相手選びが大切かは分かってもらえたかな?まぁ、今回紹介した3つ以外の事はお互いに妥協点を見つけられれば大きな問題にはならないから、その時は腹を割って話し合えばOK!

 

あと実際、日本と海外ってどう違うの?と思った人は『海外経験者の逆カルチャーショック』シリーズを読んでみてね♪まだ2記事だけど、これからドンドン追加予定です('ω')ノ

 

『海外から帰国して感じた逆カルチャーショック -習慣て怖いね編- 』

『海外から帰国して感じた逆カルチャーショック -日常生活編- 』

 

 

★ブログランキングに参加しています、ポチッとしてもらえると喜びます。

 

 

Please reload

Please reload

最新記事:
Please reload

タグから探す: