© 2016 by アメリカ仕込みのミニマリスト. Proudly created with Wix.com

断捨離リバウンドを防ぐ方法 Part 1

2/21/2016

 

こんばんは、りんりんです。

過去記事では様々な「不要なモノを減らして自由に使える時間・お金・スペース等を増やす方法」を紹介してきましたが、今回はその効果を維持するために必要な考え方について書いていきます。ただ、何故このような記事を書くのか疑問に思った方も多いと思うので、その理由について先に説明しておきます。

 

 

何事も始めるのは簡単、続けるのは難しい

効果の維持とか言ってるけど・・・・・それって、このブログで紹介された方法を実践すればいいだけでしょ?と、ほとんどの人は考えるでしょう。その通りです。実践し続ければいいだけです。実際に、記事で説明している通りにやっていれば、もう既に不要なモノがだいぶ減らせたという方もいるでしょう。そして、処分したモノの手入れや掃除にかかっていた手間が減った分、時間に余裕ができた人もいるはずです。

 

しかし同時に、大量の物を処分したにもかかわらず、また部屋にモノが増えてきてしまったという方も少なくないでしょう。なぜでしょうか?同じやり方でモノを減らしたのに、片方はそのまま減らした状態を維持できて、もう一方は元の状態に戻りつつある。その違いは、「モノを減らす&増やさない」という行為を習慣化できたかどうか、その1点のみです。分かりやすい例えだと、ダイエット後に痩せたままの人とリバウンドする人がいるのも、この習慣化が成功したかどうかの違いです。

 

 

習慣化にはモチベーション維持が不可欠

何か新しいものを自分の生活習慣に取り入れ、それを続けるという事は想像以上に難しいものです。その主な原因は、人間の脳にあります。私たちの脳は必要に迫られない限り、新しい習慣の確立と継続を自動的に行ってくれることは殆どありません(個人のモチベーションが相当高い場合は除きますが)。

 

例えば、別に仕事で直ぐ必要でもなく、海外に住む予定もない人が日本で英会話を習ってもあまり上達しません。それは、英会話をやめる事に関してのデメリットがほとんどゼロだから。英語が話せなくて仕事をクビになる事もない、給料が減る訳でもない、別に英語でしかコミュニケーションが取れない相手もいない。一言でいうと、この人には英会話を続けるモチベーションも必要性も全くないんです。もちろん本人には英会話を続けたいという願望はあると思いますが。こういう状況で、仕事が忙しくなったり、別の事にお金が必要になったり、他に興味があるものが出てきたら、この人はどうすると思いますか?相当高い確率で、英会話をやめるでしょう。

 

 

じゃあ具体的にどうすればいいのか?

ここまで読んで、あなたはどう思いましたか?忙しくて時間に余裕がなくなったり、ストレスが溜まってきた時、モノが少ない状態を維持するのに必要な行動をとり続けられそうですか?少しでも習慣化の難しさに不安を感じた人、心配いりません。そういう人は、新しく何かを始めて失敗しそうになっても、自分で軌道修正できるタイプです。ただ、回避できる失敗をわざわざする必要はありません。その為に、まずは次回紹介する習慣化テクニックを実行してみて下さい。

 

 


★ブログランキングに参加しています、ポチッとしてもらえると喜びます。

Please reload

Please reload

最新記事:
Please reload

タグから探す: