© 2016 by アメリカ仕込みのミニマリスト. Proudly created with Wix.com

自由に使える時間を増やすちょっとした3つのコツ

2/16/2016

 

こんばんは、このごろ仕事が忙しくて好きな海外ドラマを見る時間が減ってるりんりんです(笑)
まぁ、言っても元々の所定労働時間が7時間30分なので、全然ブラックでもなければ、
終電で帰ったりも、寝不足になったりもしてないんですけどね。


ただ、帰る時間がいつもより遅くなると、家着いて→ご飯食べて→片づけして ってしてると
もうこんな時間('Д')!みたいな日の多いこと・・・・・
特に一人暮らしだと、誰かが代わりにご飯作っててくれたり、洗濯しといてくれたりとかないし。

でも、やっぱり仕事が1日の大半を占める平日でも「家帰って飯食って寝るだけ」みたいな生活は絶対にイヤですよね?

 

そんな残念な状況に陥らないために、私が実践している時間を増やすちょっとした工夫
をシェアしたいと思います。

時間を増やす方法は大きく分けて下の3つです:
1) タスクをオートメーション化(自動化)する
2) 同じような作業はまとめてやる
3) OFFモードに入る前に片づける



1) タスクをオートメーション化(自動化)する
なんだか難しく書いてますが、要は「自動で作業してくれるツールを活用すべき」という事です。
例えば、会社で大量の集計をするのに電卓を使う人なんていませんよね?
ほとんどの人はエクセルを利用すると思います(スゴイ人はマクロとかコードとか使って本当に自動化しますが)。
ですので、プライベートでも色々な事をいちいち手作業でやる必要はありません。
最近は便利な無料ツール・サービスが充実してるので、有効活用して自分がやる事を減らせば、
今までその作業にかかっていた時間はまるまる貴方のものです!

具体例をいくつかあげると・・・・


・光熱費 / 通信費等の固定費の自動口座引き落としorクレジット払い
→既に多くの方が実践されてると思いますが、毎月の振込やコンビニ支払いに行く時間が浮きます。また、カード払いの場合はポイントも貰えるので、ポイント目的で余計な買い物するより断然賢い使い方です。
・アプリで家計簿管理
→ 家計簿って、お金の管理には欠かせない大切なものなんですが、いくらエクセルとかで簡単に集計できるといっても、何にいくら払ったかを別々のウェブサイト やオンラインバンキングで確認したりと、思ったより面倒だし時間がかかる作業なんです。しかし、マネーフォーワードとかの家計簿アプリを利用すれば、登録 した情報を基に自動で支出情報の収集&集計&カテゴリー分けまでしてくれるので、だいぶ管理にかかる時間を減らせます。
・クラウドでデータの移動&バックアップ
→ 年々、個人が持つデータ(写真/動画/音楽ファイルetc.)の量は増えていて、さらに携帯とタブレットなど複数のデバイスを持つ人も増えています。そこ で、デバイス関係なく自分が持っているデータを瞬時に確認・入手できるのがクラウドサービスです。私はGoogleを利用し、スマホで撮った写真をオート バックアップしています。
なので、撮った直後でもPC上で同じ写真を編集することが可能です。


2) 同じような作業はまとめてやる
あなたは毎日欠かさずに洗濯しますか?大家族とかでない限りしませんよね(笑)
多くても2~3日に1回まとめてやる程度だと思います。なぜでしょう?
まぁ、単純に少ない服をその都度洗っても、一回一回電気代と干す手間がかかるからです。
量が少し増えようが、同じ作業をするのに必要な時間も手間も大して変わりません。
逆に、ちょこちょこやる方がトータルでかかる時間は増えてしまいます。
そこで、似たような作業はごそっと一気に片づけてしまうのが、自由な時間を生み出すコツなんです。
私が普段まとめてやる作業は、主に買い物と料理です。

・買い物
どうしても緊急で必要なもの以外は、週末にまとめて買い物に行くようにしています。
その理由は、複数回に分けて買い物に行くとその度に移動時間&レジで待つ時間がかかるから、
そして、一回に運べる量が決まっているので無駄なものを買わずに済むからです。
・料理
私は料理が得意でも好きでもないので(笑)、できるだけ料理にかかる時間を減らすため
料理の下準備は買ったその日に行い、一回に作る量を多めにしています。
下準備といってもザックリ切って冷凍・冷蔵庫に放り込むだけですが、これを事前に
やっておくだけで、料理の時は材料を鍋に入れて味を付けるだけになるので、相当時短です。
あと、一回に作る量を多めにするのは、余った分をそのまま次の日のお弁当に持っていけるし、冷凍しておいてダラダラしたい休みの日に温めて食べたりできるからです。
料理好きの方には信じられないかもしれませんが、基本的に凝った料理は外食か
料理上手な人に作ってもらうというスタンスなので特に問題ありません

こうする事で、一回の作業にかかる時間は少し伸びても、総合的に作業にかかる時間は
格段に短縮できるので助かってます。


3) OFFモードに入る前に片づける
一人暮らしに慣れてない頃、家に帰ってくると同時に完全なリラックスモードに入ってしまい
いつも水曜日の夜中あたりに洗濯とか片づけとかに追われてしまっていました(笑)
まぁ、自分一人で家の事を全てやるという経験が足りなかったのもこの水曜パニックの原因なんですが、今思うと、やるべき事を片づける時間を間違っていたんではないか?と思います。
結構ちゃんとした人でもない限り、そもそも疲れて帰ってきてから何かをやろう!という気なんて置きません。なので、まだ何かができるモチベーションが保たれてる内に済ませてしまう事が大事なんです。
要は、やる気スイッチが入ってる時にやるのと、完全OFFモード(休憩モード)の時にやるのとでは明らかに効率が違うという事です。そこで、無理やり習慣を変えました(笑)
大した事ではありません。
単に、家に帰ってから・・・・・部屋着に着替えるorテレビをつける前に、その日やるべき事に手をつける様にしたんです。そうしたら、予想以上に早くその作業が片付き、特に疲れが増したりもしませんでした。
この時、すごくシンプルで当たり前の事だけど、勉強も仕事もその他の事も全て同じだと気づきました。どんな事でも、やる気がある時にとりあえずやり始めてしまえば、集中して短時間で終わらせる事ができるという事に。


いかがですか?どの方法も大して、目新しくも革新的でもないですが、
これらを実行して習慣化できれば平日にゆったりできる時間は確実に増えますよ。

 

★ブログランキングに参加しています、ポチッとしてもらえると喜びます。

 

 

Please reload

Please reload

最新記事:
Please reload

タグから探す: